2018年 ジャンプ19号 銀魂 感想

いつもお世話になってます、xsakiです。
今回は銀魂の感想ですよ!
※今までのストーリーのネタバレあります(将軍暗殺篇の話多いです)。

 

サブタイトルは話に合わせてほしいなあ
今週のサブタイトルは「黒幕(はんにん)はヤス」で意味わかんないから今ググったのですが、「ポートピア殺人事件」というファミコンソフトのネタのようでした。
竜宮篇やってた頃ならともかく今ファミコンネタやっても、「おじさんもそのネタ知らないよ」ってなりそうだと思います。


まじめな話の最中にギャグはいらない
今やってるファイナルファンタジー篇って一応シリアス進行なんだから、ファミコン与太話は要らないと思います。なんか先週までに積み重ねた作中の緊張感が全部台無しになってて、すごくもったいないです。あと、銀さんのメタネタもいらない。

将軍暗殺篇前半の銀さん・新八・神楽の影武者バカ殿コントもそうなんですけど、人の命がかかってる場面でギャグやるのは作中のキャラが頭おかしく見えました。
特に将軍暗殺篇の方は、本当に茂茂が殺されるかもしれないという状況なのに、ふなっしーやったりバカ殿コントで近藤・土方を困らせる必要性は皆無だと思う。藤林の「将軍かよォォォ!」(将軍ギャグ回でのお約束)も緊迫した状況でやったらおかしい。


神楽に関して
神流が分身体でも子供でもなく神楽本人というのは予想通りでしたが、2ページ目で神楽のネタバレしてよかったと思います。神楽の所在を引っ張り過ぎてストーリーが停滞しちゃったのが残念でした。


高杉
銀さんのファミコンネタに付き合ったり、泳げない銀さんがおんぶにだっこ状態になり、高杉がただのいい人になってました。
あと、銀さんと思わせぶりな話しただけで前回までよりストーリーが停滞しています。ラストのアオリ文に奇跡のコンビネーションって書いてたけど、今回は高杉1人の活躍でいいと思う。ガチで銀さんは高杉の足出まといにしかなってないです!
今週は全面的に高杉の行動が正しいと思いました。


おわりっ
読んでいただきありがとうございました!