2018年 ジャンプ18号 銀魂 鬼滅の刃 感想 

いつもお世話になってます、xsakiです。
今回はジャンプ18号の銀魂鬼滅の刃の感想ですよ!
※今までのストーリーのネタバレ含みます

 

銀魂
・時事ネタについて
今週のサブタイトルが「モグモグタイムは男子がやったら腹立つ」なんですが、
沖田総悟(20)のモグモグタイムは絵がめっちゃ可愛かったです!
神流の「なんかよく解らんけどそだネ~」もキュートでした。

・本編の感想
銀ノ魂篇の虚戦よりも、今やってる沖田vs神流の方がバトルのテンポよかったです。
吉原炎上篇の阿伏兎戦と同じくらいのスピード感出てると思います
(話の流れ的にも新八狙いからの神楽登場(覚醒)と同じだし)
銀さんの糖尿寸前&泳げない設定がちゃんと生きててよかったです。
担当さんが代わってから、作中の設定に連載初期以降初めて忠実になった気がします。(ヘドロ銭湯回は銀さんが普通にお風呂潜ってたり、かぶき町四天王篇ではゴミ箱コンクリ詰めで海にダイブからの何事もなく生還してる)

・下ネタ
前回と今週の銀魂比較的下ネタが少なかったので、すごく読みやすかったです。
下ネタを極限まで削って、他のジャンプ漫画みたいに普通にバトル漫画した方がおもしろくなるんじゃないかと思いました。


鬼滅の刃
小鉄の毒舌
切腹しろ、恥知らず」「その程度か?ゴミカスが」「不細工の短足」etc・・・

↑ のセリフたちの感想なんですが、すごく銀魂キャラが言いそうなことだと思いました(特に銀さん、土方、沖田)

この作品って敵キャラの言葉遣いが汚いorキツイんですが、(きちんと鬼滅の刃を読み込み始めたのが70話からなので間違っていたらすみません)
物語全編通しての主人公側のテーマとして、「人を傷つける言葉を使わない」「きちんと挨拶&お礼をする」っていうのがあるのかと最近読んでて思いました。
(余談ですが、ハガレンの最終巻の「キャラのセリフにはあいさつと感謝の言葉をなるべく入れるよう心がけた」という荒川先生のあとがきを思い出しました)


おわりっ
読んでいただきありがとうございました!