久しぶりに友達と連絡を取ったことで得たもの

スマートフォンのカバーのイラスト
いつもお世話になっています、xsakiです。
今回は久しぶりに連絡を取った友達との話を書きますよ。

 

一次情報の大切さ
その人とは親同士が知り合いなので、親からなんとなく向こうの近況を聞いていました。

だけど、親からの又聞きの情報だとその人のリアルな状態がわからないし、いつもと違う人とも関わらなきゃ自分を変化させることができないなと思って連絡を取りました。


価値観が変化した
ふだん連絡取っている人とは全然違う人と連絡を取ったことで、仕事に対する姿勢の違いを感じることができたのは大きな収穫です。

その人は自分の意志で「今やるべきことがあって毎日充実して忙しいらしい」ので、そんな人もいるんだと改めて感じました!

 

「働かなきゃ行けないから!」「みんなと同じじゃなきゃダメ!」以外の価値観に近いところで触れられたのはよかったです。


親には言わないよ
その人には、「また聞きはよくないから」って言って連絡を取ったので、同居してる親には連絡を取ったことを絶対言わないよう気をつけます。

ブログ上ではともかく、リアルでは「誰にどこまで伝えて、何を伝えないべきか」をちゃんと考えないとけないな~と考えるきっかけになったので、連絡を取ってよかったと思いました!

でも、自分の気付いていないところで失言しないよう気をつけたいです。