読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歯列矯正は18才以上でも医療費控除の対象となる場合がある

綺麗な歯のキャラクター
いつもお世話になっています、中学生の頃歯列矯正していたxsakiです。
今回は友達と歯の矯正について話して思ったことを書きますよ。


 
「矯正」ってわかりづらい
歯列矯正ってそもそも、歯のかみ合わせがよくないことでおこる健康被害(虫歯になりやすい等)を防ぐためにすることですよね。

だけど、日本では歯列矯正ってけっこうお金がかかる割に保険適用にならないことが多いみたいです。

わたしだけかもしれませんが、この記事を書こうとするまで歯列矯正の医療費控除は18才までしか対象にならないのかと思っていました。


情報格差が出やすいと思う
わたしの場合は、小学生のときに同級生が何人か歯列矯正を始めていて、(学校行事でその人たちの親から歯医者の情報収集してくれて)歯列矯正に投資してくれる親がいたという環境があったおかげで、中学生になってから歯の矯正を始めることができました。

つまり運がよかっただけです。

それに対して友達は矯正についての情報が周りから入って来なかったらしく、最近歯医者に行って「実は噛み合わせがよくなかった」ということが発覚しました。

※友達の場合は、健康にものすごく被害があるわけじゃないので
 医療費控除の対象にはならないみたいです。

しかも、学校の歯科検診では歯並びが一見そろっているように見えたため、スルーされたみたいで(矯正やってない歯医者だったんだろうか?)

情報の格差ひどくない?」って思います。


もっとわかりやすくなってほしい
矯正に限った話ではないのですが、知らなかっただけで損する仕組みが減っていってほしいです。

こないだあった、はちみつ入り離乳食みたいに命にかかわることは多少大げさになっても、もっと大々的に公的機関にポスターを貼ったりしてお知らせしてもいいんじゃないでしょうか?(既に貼ってたりして・・・)


おわりっ!