発達障害者とうつ病の友達とのルームシェアはアリじゃない!?

シェアハウスのイラスト

いつもお世話になっています、xsakiです。
わたしは発達障害からくる不注意や人間関係が原因で仕事を失い、現在実家暮らしをしています。
最近、友達と会ったときに「ルームシェアしてみない?」と誘われたのでルームシェアについて考えていきます。


実家は出るべき
地元に発達障害者であるわたしができそうな仕事がない以上、実家に留まらなきゃいけない理由なんてないですよね。求人情報を見ても接客業が大半を占め、地方では発達障害者ができそうな仕事なんてありません。
じゃあ、実家暮らしでずっとニートをしていればいいんじゃないかと思われるかもしれませんが、将来のことを考えるといつまでも実家暮らしをするべきではないとわたしは考えました。
理由は実家にいると親の思考に流されますし、何より他人との交流が極端に減るからです。

家族に理解されない
できればわたしは、ブログやネット関係でお金を稼げたらいいなとは思っているんですけど、それも家族には理解されないんですよね。
この前母に、「ブログやりたいな~」と言ったら「個人情報出すなんて絶対やめて」って言われました。それくらいネットでの仕事に疎いです。
だったら、家を出るしかないなと思いました。

失敗してから考えればいい
ルームシェア生活がうまくいくかどうかなんて、やってみるまでわからないんですよ。だから、一緒に住んでみて合わなかったら辞めればいいし、失敗しても次に活かせるいい経験になると思うんですよね。
だから今は、軽い気持ちで「試しにやってみたい」と思っています。


こちらは当ブログの管理人xsakiのプロフィールです。よかったら読んでください。

人と違う?!発達障害に左右される人生 - 元医療事務自閉症女子



 

広告を非表示にする