発達障害者駆逐システムを壊したい

壊している人のイラスト(棒人間)

いつもお世話になっています、xsakiです。
同調圧力・みんな同じ・女子はみんなでおててつないでなきゃダメな日本の発達障害者駆逐システムには反吐が出るので、今回は学校教育に噛み付きますよ。



みんなと同じにはなれない宿命
そもそも発達障害というものは、この世に生まれたときから一生抱えることになる先天性の障害です。生まれつき得意・不得意の差が激しくて、得意なものを伸ばせば人より抜きん出る可能性が高く、反対に苦手なことをすれば、どれだけ時間をかけようが平均にすら届かないという脳の機能障害なんです。


そんな発達障害者に個性(長所)を潰し、短所を底上げ(いくら努力しても平均には届かない)する日本の平均人間量産型システムが合うわけがありません。


学校制度は義務教育までにする
計算や政治に関することなど、ある程度の基礎知識は義務教育で全員共有するとして、高校はもう必要ない時代になっていくんじゃないかと思います。

中学卒業までに興味のある分野を見つけて、卒業後は自分が進みたい道に1人で突き進んでいく方が生きていく力が身に着くんじゃないかな~と思いました。

というより、高校までは全員出さなきゃいけないって空気もおかしいと思います。普通課高校の場合、高校で学んだことは社会に出たらまず関係ないですし、3年も社会に出るのを遅らせてひたすら遊んでたという目で見られると思います。


社会に出たらどれだけ有意義な経験もゴミになる
少し発達障害の話から逸れます。部活で上下関係を学べるという人もいるかもしれませんが、それは甘いです。

部活の上下関係なんか社会の荒波に揉まれている人からしたら、そんなもんただ叱られなれていないだけだという目でしか見られません。

この辺は予想なのですが、運動部に所属していたとしても、そんなもん学生の甘っちょろい上下関係に過ぎないという人も出てくると思います。
社会人にとっては会社内の上下関係が世界の全てなのです。

だから、学生時代の部活の厳しさや上下関係はなかったことになり、すべてリセットされます。酸いも甘いも知り尽くした社会人様にとっては職場のルールが世界の全てなので、学生時代の経験はほぼほぼ無意味です。


みんなが同じ人生は歩めない
発達障害の話にもどります。上に書いた職場の上下関係なんですけど、そういう職場では発達障害者は理解されなさそうなので、可能なら避けた方がいいと思います。

そして、学校についてなんですが社会の厳しさもそうなんですがそもそも生き方を教えられてないですよね。教師自体が社会経験に乏しいですし、全員がサラリーマンになるわけでも、妊娠・出産するわけでもありません。

ペーパーテスト重視のせいで発達障害も発見できず、そのくせ妊娠・出産は全員経験する前提で話し、結婚しない・結婚できないと言ったら全力でぶったたかれる世の中です。

わたしなんか障害のせいで人と同じ人生を歩めないんだから、最初からみんな同じ人生を歩むこと前提で教育するなって話ですよ。

 

こちらは当ブログの管理人xsakiのプロフィールです。よかったら読んでください。

人と違う?!発達障害に左右される人生 - 元医療事務自閉症女子