ジャンプで連載してた「ものの歩」の主人公は発達障害に気付いてなくてかわいそうになる

将棋の駒のイラスト

 いつもお世話になっています、自閉症女子のxsaki(サキ)です。

今回は発達障害主人公についてですよ。

  

作者は発達障害者として描いているのか

作者である池沢春人先生は発達障害者として主人公を描いてるのか気になります。ただ単に愚直な主人公のつもりなのか、それとも発達障害のせいで不器用なキャラを演出しているのか知りたいですね。

わたしは愚直キャラのつもりで描いてたんじゃないかと思いますよ。

愚直キャラのつもりが行き過ぎて、発達障害に見えたんじゃないかと思います。

発達障害キャラはちゃんとしたフォローがないと不安になる

明らかに発達障害のせいで不器用なのに、ただのどんくさい奴として描かれると発達障害者のイメージが悪くなります。発達障害キャラをあえて描こうとするなら、マンガ「働かないふたり」の春子くらい丁寧に表現しないと読んでてモヤモヤしますね。

「友情・努力・勝利」が合言葉のジャンプと、脳の偏りからの才能で得意分野を突き進んでいく発達障害主人公は相性悪いと思います。

池沢先生は発達障害のことをもっと勉強するべきでしたね。

 

こちらは当ブログの管理人xsakiのプロフィールです。よかったら読んでください。

管理人xsaki(サキ)のプロフィール - 元医療事務自閉症女子