読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

声優の杉田智和さんは発達障害の特性がマイナスに出てる

 

 

いつもお世話になっています、xsakiです。

今回は声優の杉田智和さんの演技についてですよ。



元々は演技はうまい

わたしは銀魂の銀さん、涼宮ハルヒの憂鬱キョン、創世のアクエリオンシリウスの声優として杉田さんのファンになりました。
これらのアニメの演技をしていた頃は杉田さんのやる気も気合もあって楽しかったのです。

しかし、ジョジョのジョセフを見たときは他の声優さんとのやる気の差がダイレクトに伝わってしまい、びっくりしました!

元ファンとしてあえて、杉田さん発達障害と演技に対する姿勢について、アンチのような記事を書きます。



発達障害がマイナス方向へ

杉田さんは若いときに銀さんのキャラと下ネタキャラでブレイクしてしまい、そこから向上心がなくなってしまったじゃないかとわたしは感じます。

創世のアクエリオンシリウスを演じていたときは、全然癖もなく自然で上手な演技だと感じました。


そして、アクエリオン銀魂の後に杉田さんはアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」で第2部の主人公であるジョセフ・ジョースター役を演じます。
わたしが杉田さんのジョセフの演技を聞いたときは、演技の単調さに途中でアニメに飽きてしまいました。


一方でジョセフを演じた杉田さんは、批判やいろいろな意見があるからバランスを取る演技をしていると「ジョジョradio」というラジオ番組の中で言っていました。主人公役であるにも関わらずです。


あまり自信のない役なら断ればよかったのにな~と思います。バランス調整するのは脇役担当の方々の役目ではないでしょうか。

 

ジョジョとは別のラジオ番組なんですが「クソコテ」という2ch用語を使っていたり、女性声優に対して執拗に下ネタいじりをするところは発達障害の特性が悪い方に出ているんじゃないかと感じました。


杉田さんが田中理恵さんのストーカーをしていたというエピソードは発達障害者である高畑裕太と同じものを感じますし。



ちなみに、こちらはもう1人の発達障害声優さんの話なのでよかったら読んでください。
声優の松岡禎丞さんは発達障害の特性をプラスに演出できる神 - 元医療事務自閉症女子



正しい方向へ

森久保さんを始めとする先輩声優さんへの失礼なものまねや女性声優への執拗な下ネタをやめないと、杉田さんはどんどん声優業界の人に嫌われていくんじゃないでしょうか。


声優はツイッターのフォロワー数で勝負するものではなく、あくまで演技力や作品に対する姿勢、その人の人柄で勝負するものだと思います。


アニメファンとして、杉田さんが発達障害の特性をプラスに活かせるよう応援しています。

 

こちらは当ブログの管理人xsakiのプロフィールです。よかったら読んでください。

管理人xsaki(サキ)のプロフィール - 元医療事務自閉症女子