軽度発達障害は自分で気付くしかない

いつもお世話になっています、xsakiです。

 今回は軽度発達障害についてですよ。

  

日本の教育制度のせいで気付かれない

まず日本の学校教育だとふつうに学校に通ってテストで点数さえ取れてれば、部活をしてなくてもアルバイトをしていなくても卒業できますよね。たいして人とかかわっていなくても、問題を起こさなければおとなしくていい子ちゃんにしか見えないでしょうし。そういうところが根本的に間違っていると思うんです。

「おとなしくて手がかからない」「勉強が得意」「親の言うことをよく聞く」なんて人は要注意だと思います。

 

普通じゃないのは見たらわかるでしょ

これはわたしが見かけた発達障害者らしき人のことです。軽度発達障害じゃないかもしれなくてすみません。

「あいつはただのバカだから」、「突然話しかけてきて困ってるんだけど」 という言葉をリアルで聞きました。ただのバカってどういう状態なんだろうと思いますね。会話がかみ合わない、年の割りに行動が幼いとかは、発達障害の可能性が高いと思うんですよね。ほんと、ただのバカって何?って感じがします。

発見する手段がない

不登校がない人だと、社会に出てから発覚する人が多いんじゃないかと思います。まず、だれも気付いてくれませんよね・・・

教師も面接練習の相手も気付かないですし。教師側に発達障害の知識がない人間が多すぎることが問題なんですよ。学校の先生なんていうのは、ただ勉強を教えるだけが仕事じゃないでしょうに。

そりゃあ、部活や委員会などなんでも積極的に挑戦する子の方が扱いやすくてかわいいでしょうが、何にも積極的に挑戦しない無気力な人たちにも気付いてあげてほしいものです。積極性がないと人生どうにもなりませんから。

これから教師になる人たちにはぜひ、発達障害を見抜く目を養ってほしいものです。そうじゃないと社会に出てから発達障害が発覚し、路頭に迷ってしまう人は後をたたなくなります。今の20代以上の軽度発達障害の人はほとんどがそうじゃないでしょうか?

発達障害で検索をすると発達障害ブログをたくさん見かけますし。だれも好きで大人になってから発達障害が見つかったわけじゃないです。できれば、療育効果のあるこどものうちに発達障害が見つかって、個性に合わせた適切な教育を受けたかったはずです。

だから自分で受診する

結局自分から病院に行くしかないんだと思います。自分の人生なんだから、だれかが助けてくれるだろうじゃだめなんですよ。親が反対しようが何しようが行くしかないと思います。行動を起こさないと何も始まらないんですよ。

自分がどの発達障害なのかは医者に診てもらわなければわからないですし、何より発達障害を自分で客観視するには限界があります。ネット上の情報だけでは足りないです。病院に行かなきゃわかんないんですよね。

必要な持ち物

気を取り直しまして、受診の際に必要な持ち物なんですけど、

・健康保険証

・学生時代の通知表

発達障害だと思われるエピソードを書いたメモ

・現金3000円くらい

上記のものを必ず持参してください。

もし可能なら、親も受診の際に一緒に来てもらった方がより正確な診察ができますよ。

 

こちらは当ブログの管理人xsakiのプロフィールです。よかったら読んでください。

管理人xsaki(サキ)のプロフィール - 元医療事務自閉症女子

広告を非表示にする