読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害者のタイムスリップ現象はブログに活かせる!

タイムマシンのイラスト

いつもお世話になっています、xsakiです。

今回は発達障害が原因の症状の中でトップ3に入るくらいやっかいな

タイムスリップ現象についてですよ。

 

ブログのネタになる

発達障害持ちの人は発達障害のせいで苦労したこと、嫌なことがたくさんあると思うんですよ。しかも、タイムスリップ現象のせいで突発的に思い出すこともあるでしょうし。これらの特性をただのマイナスアビリティとして扱って終わるのはもったいないと思うんです。

だからこそ思い出したことをブログに書けばネタになるし、発達障害の特性を世の中に広めるきっかけにもなり得るので、発達障害ブロガーの方にとって世の中を変えるチャンスになると思います。

そのときの感情を鮮明に思い出せる

喜怒哀楽の感情を鮮明に思い出せるので「気持ちの乗った文章」を書きやすいと思います。嫌なことを思い出したら気持ちの切り替えがなかなかできないのが難点ですね。そのときは、気分転換をして別のアイディアが降ってくるのを待ちましょう。

八つ当たり」にならないようにする

自分でブログを書いていてわかったことなんですが、そのとき嫌だった感情やセリフをブログにぶつけても、その記事は全然読まれてなかったということがあります。

ブログを書くときは、読んでくれる人に何を伝えたいかを考えなきゃいけないな~と痛感しました。

当ブログの場合ですと、「こうしたらいいんじゃない?」というようなメッセージ性の強い記事は読んでもらえています。

発達障害ブロガーのみなさんも、実生活では困り者のタイムスリップ現象を使ってネタを発掘したらいかがでしょうか!?

 

こちらは当ブログの管理人xsakiのプロフィールです。よかったら読んでください。

管理人xsaki(サキ)のプロフィール - 元医療事務自閉症女子