読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実はいたかもしれない発達障害者

発達障害

いつもお世話になっています、xsakiです。

今回は私以外の発達障害者についてです。

  

実は発達障害だったんじゃ・・・

学生時代、医療事務時代を振り返っても私より発達障害っぽい人はいたんですよ。ぜんぜんしゃべらない男子、こだわりが強い女子、私みたいに仕事の記憶が飛んでる人。医療事務時代でいうと、きのうこの書類をどういう風に処理したって言われて、思い出せなくて1時間以上取調べに合っている人がいたんですよ。それもう、発達障害のワーキングメモリの少なさのせいじゃね?って思いましたね。

 

無事を祈る

なんかもう、自分の性質をわかってもらえるところに無事たどりつけるように祈るしかないですね。私もそういうところにたどり着きたいです。