診療情報管理士の勉強法

 

いつもお世話になっています、自閉症女子のxsakiです。

今回は診療情報管理士認定試験の勉強法について書きます。

 


試験概要
この試験は基礎、専門、分類法の3科目で構成されていて、それぞれの科目で6割以上の点数と取ると合格できる試験です。 


ちなみに、わたしが診療情報管理士の勉強法を知っているのか(笑)不安な方がいると思うので、試験に合格した証拠をアップします。どうぞ!!

 

f:id:xsaki:20170303142617j:plain




基礎

基礎の内容である臨床医学は範囲が膨大なので、間違っても教科書全部を覚えようとしてはいけません。

試験に合格するためだけに丸暗記するのではなく、病気の仕組みをきちんと理解しましょう。

わたしはそれができていなかったので、現場に入ってから苦労しました(泣)。



専門

(わたしが試験を受けた年の)統計の分野には計算問題が出なくて、折れ線グラフやレーダーチャートなど、場面に応じて適切なグラフを選ぶという問題が出てきました。

診療報酬の分野では1点10円が答えになる問題が出てきたので、レセプト点検の勉強をしている人にとっては余裕ですね。

全体的に常識問題も多く出題されたと思います。
修正会議が問題に出てきたような記憶もあります。



分類法

コーディングが苦手な人は友達が貼ってなくてもインデックスを貼って、調べるスピードをあげましょう。

分類法の教科書を何回も解いて慣れてください。
原死因はルールがわかりづらいので教科書を読んで感覚をつかんでください。

 

こちらは当ブログの管理人xsakiのプロフィールです。よかったら読んでください。

管理人xsaki(サキ)のプロフィール - 元医療事務自閉症女子