読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医師事務作業補助技能認定試験(ドクターズクラーク)の勉強法

いつもお世話になっています、xsakiです。

今回は医師事務作業補助の資格試験についてですよ。

この試験は学科と実技それぞれ7割以上の点数を取ると合格する試験で、資料や教科書を持ち込めるので、必ず持参しましょう!

 

 

学科

全部で25問、a,b,cの3択問題です。練習問題で教科書の答えの箇所にマーカーを引いた部分が試験中の答えになることが多いので、普段の勉強時にしっかりとマーカーを引いておきましょう。

 

実技

診療情報提供書、自賠責、主治医意見書、診断書、傷病手当、生活保護院外処方箋などから4問出題されます。文章を書くのが苦手な人は、最初は答えを書き写してもいいので、とにかく手を動かして体で覚えるといいですよ。

慣れてきたら、答えを見ないで何回も練習すると速さと正確さが身につきます。

わからない問題は後まわしにして、白紙で提出することのないようにしてください。医師の署名は基本的に空欄ですよ。